結婚に向かなそうな人の7つの特長




結婚を意識した時に相手は大丈夫だろうか、と考えたりしますよね。私も1回目の結婚では相手が大丈夫か考えたりしましたが、2回目では逆に私自身がこんなバツイチで貯金が無い男で相手は大丈夫だろうかと心配しましたね(笑)

私が今まで感じた結婚に向かない人の特長を書いてみました。

部屋が汚い

まぁ、私も小さい頃から27歳ごろまで部屋は歩くスペースしかないという汚い部屋に住む側の立場だったんですけど(笑)

何故私が掃除するようになって整理整頓するようになったかというと、綺麗に保つ方がモテると思ったからです。(笑)

顔はカッコよくない、頭もよくない、汚い部屋で汚い洋服着て週末は趣味のバイクに時間を使う・・・。こんなのでは女性に見向きもされないですよね(笑) せめて自分ができる所はやろうかと思いまして汗

自分自身でも思い返してみると、部屋が汚い状態の時って自分を管理できてなかったと思います。仕事して、週末はダラダラして趣味に時間を使う。部屋は誰も見られないから汚くてもいーじゃん。ってね。

テレビなど見てて思い返してみてください。低所得の人って部屋が汚い人が多い。高所得な人は綺麗ですっきりした部屋に住んでる。これってお金の有無の違いなだけではないと思うんです。高所得の人は頭のいい人が多い。何に時間をかけ、やらなきゃいけない事の判断ができていると思います。忙しくても部屋を掃除する時間配分ができる、生活する上で整理してある部屋の方が効率が良いって事が判っているからではないでしょうか。

 財布やキーケースがGucciやシャネルやプラダ

大手ブランド物の財布とか持っている人は見栄っ張りが多いと思います。財布とかでブランドのロゴが前面に主張しているデザインの物を持っている人は要注意かな?(笑) その人たちはデザインが良いからもっているのではなく、ブランド物を持つステータスに憧れているだけではないでしょうか。

車の中に小物を沢山飾っている

ダッシュボードに白いファーとかハンドルに白いカバーとか、ぬいぐるみが沢山いるとか、バックミラーにアクセサリーかかっているような車に乗っている人には注意が必要かもです。好みがあるのでファーとか自体になにか言うつもりはないのですが、どれも車の運転に必要ないものばかりなんですよね。車を乗る事自体が好きな人はそうゆうのは置かないです。必要ないものにお金をかける傾向がありそうです。

「酒」「煙草」「賭け事」しない人じゃないと絶対嫌と言ってる人

女性で相手にそんなに高望みしない!顔や収入は平均で、せめて「酒」「煙草」「賭け事」は絶対しない人がいい!って言ってる人がいました。案の定その方は結婚はしてませんでしたね。何がダメかって”絶対してほしくない”と言ってしまってること。生活習慣を全否定するような人は相手に合わせる事ができないって自分で言ってるようなもんです。

できれば健康面、金銭面からもやめたほうがいいのはわかるけど、全部ダメって相手に求めると、相手は反発してストレス抱えます。大体ね、「ケーキとか甘いものは糖分たっぷりだから食べるの絶対やめろ」とか言われて素直に聞く人いるか?ってことですよ。

 結婚式に誘っても来ない人、祝儀が3万以下の人

その人たちを否定している訳ではないですよ!ただ実経験で感じただけです。その方々は結婚に興味がないというか、結婚の優先順位が低いんだと思います。

考え方が違うだけなので間違っているとも思いません。

参列しても祝儀が3万以下の方は、おそらく平均的な式を挙げた場合の一人辺りの単価を知らないんだと思います。私の場合でも式で一人辺り2万以上かかっています。知ってれば私なら3万以下は入れないのではないでしょうか(^_^;)

付き合いが良い人、よくおごる人

よく飲みに行ったり、週末友人とどこかで過ごしているような人は社交性があり、人として魅力的ですよね!ただ結婚相手となると・・・。家に帰ってこない、出費が多い・・・。って事になりかねない。

魅力がある人と結婚に向いてる人はイコールとは限らないと思います。

でもそんな人たちは出世が早く、高収入になる可能性もありますから、難しいところです。その人を良く理解できる包容力がある方なら大丈夫でしょうね。

嫉妬深い、相手に依存する

お付き合いしているときでも嫉妬などは勘弁してほしいですが、結婚するとなるとなおさらやめてほしいです。

相手を監視して怪しい人に関して問い詰めても険悪ムードになるだけでいいことないです!

携帯見ても余計な不安が増えるだけです。

私なら嫉妬が激しい相手だと会いたくなくなって、逆に他の人に目移りしそうでした。ドンと構えてもらってる方が素直にそっちに向けるかな~。

嫉妬する人は恋愛依存する人が多い気がします。依存体質な方が相手だと自分が駄目な行動や判断しても許してくれるんですよね。それが駄目。ちゃんと注意してくれた方がその時はケンカしても、後からありがたいって思えます。

さて、いくつか条件をいくつか挙げてみましたがいかがでしょうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ