コスパ最高!節約生活で外食チェーン店をうまく利用するコツとは?




こんにちは。まめ太です。

節約生活を行って4年とちょっとで1000万円を実際に貯金しましたが、食費に関しても節約を行って、一人暮らしの時は自炊と外食費合わせて1ヵ月で17,000円位で生活していました。

自炊代が大体10,000円位で、残り7,000円くらいが外食代でした。一人暮らしとはいえ7,000円で1ヵ月の外食費をどうやって賄っていたのかを紹介しますね!クーポンサイト利用などではなく、簡単で誰にでもできる方法です。



外食では一つのお店で注文するメニューを限定した。

外食する時は9割位の殆どの人が、メニューを見て、美味しそうだったり気になったメニューを注文すると思います。

まめ太が外食する時はメニューを見て、お店の客寄せ用定番低価格メニューをのみを選ぶようにしています。

ハッキリ言って他のメニューは一切目をくれません。

下記で紹介しているメニューはどれも安くて物足りないと感じる人もいると思いますが、それが売り手側の狙いで、外食業界は看板商品は値段を安くするが、他の商品は価格を高めにして利益率を上げている訳です。

ガストで例を挙げれば、目玉焼きハンバーグが安いのは誰もが知っていますが、いざ注文する時は他のメニューに目を奪われて、実際に目玉焼きハンバーグを選ぶ人は多くないと思います。

その考えを逆手にとって、節約生活ではひたすら利益率が低そうな商品を選ぶわけです(笑)

まめ太が主な外食チェーン店で注文するメニュー例

丸亀製麺

  •   毎月1日    釜揚げうどん + 野菜かき揚げ 合計270円
  •   それ以外の日  かけうどん + 野菜かき揚げ 合計420円

かつや

  • かつ丼(梅)(100円引きクーポン利用)     429円
  • チキンカツ定食(100円引きクーポン利用) 537円
  • ロースかつ定食(100円引きクーポン利用) 645円

すき家

  • 牛丼サラダセット 500円

リンガーハット 長崎ちゃんぽん

  • 長崎ちゃんぽん 麺2倍 626円
  • 餃子5個(レシートのクーポン利用で無料)

ステーキガスト

  • 平日日替わりランチ 754円
  • 目玉焼きハンバーグ or  大葉おろしのハンバーグ 970円

マクドナルド

  • 朝メニュー ソーセージマフィンとホットコーヒーのコンビ 合計200円
  • 昼で注文する場合 チキンクリスプ + ハンバーガー 合計200円

松屋

  • 牛めし(並) + 生野菜 合計400円
  • 豚バラ焼肉定食 550円

はま寿司

  • 平日のみ利用で 10皿  合計 972円
  • あおさみそ汁(クーポンで無料)

同じお店に短期間で何度も行かず、沢山のお店を利用する

節約生活で外食を楽しむ方法として、上記で紹介しましたがお店で注文するメニューは決まっているとはいえ、行くお店は選択肢を多く持つようにしていました。

同じ店を何度も行くと他のメニューに目が眩む場合が多いのですが、同じ店には大体1ヵ月に1度位しかいかず、いろんなお店を沢山回っていると結構飽きることなく満足できます。

なので外食費が1ヵ月7,000円だとしても、どのお店でも低価格商品を選んでいるので1ヵ月で10回以上利用することができました!外食の回数が多いおかげで、食費を抑えた我慢生活をしている感覚は少なかったですね。

住んでいる街に全部のお店がそろっている訳ではないので、自分は休日にスクーターか自転車に乗って外食しに行ってました。

おすすめメニューや期間限定メニューを気にしない

外食しにいくとお店で大体がおすすめメニューや期間限定メニューを用意しています。それはお店側が売りたい商品な訳で、必ずしも節約生活に当てはまるメニューとは限りません。

まめ太の考え方はこうです。

「すき家は牛丼サラダセットを食べる店」

「リンガーハットはちゃんぽんと餃子を食べる店」

他の商品は取り扱っていると考えないようにしています(笑)

他人の目を気にしない

ステーキガストなどに行くと、殆どの家族は一人1,000円以上のメニューを選択し、ドリンクバーなども付けている注文が聞こえてきます。

そうすると自分の注文だけが安いメニューで、内心ちょっと恥ずかしくなる場合があります。(^^;)でもそこで他の高額な注文を追加しちゃダメです。

安いメニューで我慢できるかできないかで節約生活ができかできないかが分かれてくるんです。

まめ太からすると、普通の日にファミレスなどの食事でその金額を1食によくかけられるなぁ~と思う時がありますね。

普段の生活での外食は必要最低限でいいのではないか、それよりも年に1回~2回旅行に行く時にその地域で美味しいものを金額気にせず食べたほうが満足度がたかいのではないかなって思ってます。

飲み物は水で十分です!

あと、まめ太はドリンクバーはまず付けません。ドリンクバーを注文する場合はお店に何時間も滞在する時くらいです。

だって食事に来ているので、食事に何時間もかける必要はない訳です。自分も経験したクチですが、食事と一緒にドリンクバーを頼む時のドリンクのおかわりは大体多くて2回位でした。その為に何百円か支払うのはもったいないという結論になりました(笑)

まとめ

節約生活は基本的に生活が閉鎖的になるので、家を出る外食は気分転換の手段として重要な事だと思っています。

とはいえ外食は油断するとあっという間に予算オーバーしやすいんですよ。

予算を抑えて外食を楽しむには、安いメニューのみ注文して同じ店には1カ月程度間をあけて色んなお店を巡るのがお勧めです!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ