1000万貯金した家族が実践する節約旅行の方法と金額とは?




節約生活をしていてもなんでも我慢していては疲れてしまいます。

4年とちょっとで1000万を貯金したワタクシまめ太ですが、まめ子と結婚して子供ができても結局は節約生活していることに変わりはありません。

節約家族な我が家ですが、旅行は年に4回~6回ほど行きます。

結構多いと思いませんか??

節約生活しているのにそんなに旅行に行ったら出費がもの凄く多いと思いますよね?

でも実はそんなに旅行費用をかけていないんです。



我が家の節約旅行の方法とは?

節約旅行と言っても何か特別な事をしているわけではありません。ちょっとしたことの積み重ねで節約につながっていると思っています。その内容をお伝えしますね!

節約家族の旅行の基本は車で移動

我が家の自家用車は7人乗りのミニバンです。

TOYOTAならノア・ヴォクシー、エスクァイア。日産ならセレナ。ホンダならステップワゴンが該当するクラスです。

まめ太は室内が広い車は引っ越しだったり大きな荷物を積んだりと何かと便利というのを独身時代に乗っていた車で体験していたので必然的にミニバンとなりました。

我が家では旅行の時は電車を利用しません。というか通勤以外であまり電車を利用しないです。

基本的に自動車での移動ですね。

自動車を使うのは自由に行動できるのと、時間と体力と工夫次第で旅行費用を抑えられるという点です。(笑)

高速道路や有料道路を使用しない!

車を所有するどの家も節約方法の一つとして考えるのが、有料道路を使用せず一般道を利用する方法ですよね。

我が家も普段の生活で有料道路を使用する機会は殆どありません。

片道100キロ程度なら有料道路は使用しないことにしています。

有料道路を利用する最大のメリットは目的地までの到着時間が短い事ですよね。一般道より1時間~2時間程早く現地へ到着できます。

デメリットは利用料金がかかる事。例えば東名高速道路で東京インターから静岡の御殿場インターまで高速道路を約87キロ利用すると約2500円掛かります。

勿論ETC割引などもありますが、一般道を利用すれば片道だけで観光地での豪華な大人夕食1食分が軽々浮くんです。

観光地では美味しいものを食べたいじゃないですか!

美味い物を食べる為なら朝早く起きて運転も頑張ります。楽とか無理をしない節約術とか紹介している人もいますが、節約してお金を貯めた私からすれば、節約は忍耐です(笑)

簡単に楽に節約できてお金が貯まるなら、みーんな500万以上の貯金が出来てますよ。

全く高速を使わない訳では無いんです。

関東近郊の一般道で渋滞が発生しやすい場所は対費用効果を考えて高速道路を利用しますし、逆に静岡の御殿場から清水辺りまでは一般道でも信号も少なく、渋滞も比較的少ないので高速道路を使用しない事が多いですね。

また、高速道路を利用する場合は0~4時の深夜帯も積極的に利用します。

飲み物、軽食、お菓子などは事前に購入して持参する。

我が家では車中での軽食、飲み物は持参していきます。

途中でコンビニなどで買うと定価ですからね。事前に買っておけば数百円は安く購入できます。

また、我が家は普段から車の中にに大き目の魚等を保冷する為の発泡スチロールの箱を2つ入れています。スーパーなどからゴミだったものをタダで頂いたものです。

これが我が家では必需品でして、夏場にどこかに遊びに行ってフラッと立ち寄った八百屋さんだったりスーパーで特売品を見つけても、この箱に入れてスーパーでお茶などを購入して一緒に保冷用の氷を貰えば10時間以上持つんですよね~。

この箱に保冷材か氷を入れて、事前にドラックストアなどで購入した飲み物を5本以上、あと夜に飲むお酒なども入れておきます。

できるだけ現地調達はしないようにしてるんです。

クーラーボックスも使った事あるのですが、保冷機能は発泡スチロール箱と大して変わらない気がするんです。

タダの発泡スチロール箱で十分ですよ!

旅行は朝4時出発が基本で、移動時間は4~5時間。

一般道の移動が原則な為、なるべく交通量が少ないうちに関東近郊の道路を抜けておく事が大切です。大体2時間程度で関東から抜けられるはずです。

また、まめ太的には旅行先まで移動時間を約4~5時間を目標にしています。

朝出発して、最初は目も覚めているので4~7時くらいまでまめ子や息子は車の中で寝ててもらいます。2時間くらい運転して最初の休憩くらいから一度眠気が来るのですが、そのころみんなが起きてくれれば目も覚めるので大丈夫!

旅行は早めの行動を心掛ける。

我が家の旅行は朝の9時ごろに目的地に到着して最初の観光をして、11時頃に昼食を取ります。午後はしっかり観光して、夕方5時~6時に夕食にします。

食事の時間を他の人達より約1時間早く取るようにして、食事で待つタイムロスを減らすようにしてます。

旅行先の人気店で食事をするのに30分待つとか、時間がもったいない!

旅行の日はできるだけ平日にする

まめ太はサラリーマンなので週末がお休みです。

これも宿泊費対策ですが、旅行に行くときはできるだけ金曜日か月曜日に1日有休を取るようにしています。

宿泊費が一人当たり1000円~2000円程度変わってきますからね~。

また、平日の方がゆっくり観光できるというメリットもあります。

毎年有給は毎年使い切れず余って消えていくので、できるだけ有休を消化するように心がけてます。

大人一人1万円以下の宿泊料の宿を利用するか、車中泊にする。

そりゃ勿論一番の理想は2万円以上の旅館に泊まりたいですよ。

サービスもいいですし、料理も美味しいし。

でも宿泊に2万円以上かけてたら貯金なんてできません。

そういうお宿は特別な日に取っておきます。

我が家は夕食無しで朝食のみのビジネスホテル等の場合は5,000円~8,000円、1泊2食付きの場合は6,000円~10,000円の価格帯の宿に宿泊するようにしています。

ビジネスホテルは部屋は狭いけど寝るのには十分だし、ペンションなどは安いうえに料理も美味しい場合が多かったです。

伊東園グループとおおるりグループのホテルにも泊まったことがありますが、設備は古いけど泊まるには最低限ですが許容範囲です。ただ、食事が食べ放題で質があまり期待できず、単にお腹一杯になるだけ。

とくにおおるりのホテルの食事はまめ太的にはちょっと次回はないかな・・・という感じでした。

旅行先では美味しいものを食べたい派なので、あまり食べ放題の安いホテルは今後利用しないでしょうね。

あとは車中泊もよく行います!ミニバンを購入したのは車中泊を積極的に利用するという部分を考慮に入れたからです。車中泊を考えなければもっと燃費のいいアクアとかフィットクラスの車で十分ですからね。

我が家はDIYで自作ベッドを作成し、最大で4人寝れるようにしてます。

普通に布団を敷いて寝るので寝心地は悪くないですよ。ただ、ベッドを設置するのに20分位かかるのがちょっと面倒な部分ですけどね。

節約旅行の気になる総額は?

我が家が行った旅行で1回総額いくら位かかったかをちょっと纏めてみました。

おそらくかなり安いと思いますよ!

【旅行の条件】

人数 : 大人二人 + 3歳以下の幼児一人

移動手段 : 自動車

旅行曜日 : 金曜~土曜日、もしくは日曜~月曜日

山梨旅行1泊2日(信玄餅詰め放題・アイス食べ放題・温泉)

山梨はフルーツなど食べ物も美味しいし、ほうとうも好きなので毎年のように旅行に行く場所です。

信玄餅詰め放題やシャトレーゼの工場見学でアイス食べ放題、ワイナリー見学など、安くて楽しめる場所が沢山あるのが魅力ですね~。

ほったらかし温泉で日の出や夜景を見ながらのんびりするのも至福の時です。

【旅行費用】

ガソリン代:約4,000円

高速代:0円

車内の飲食代+夜に飲むお酒(発泡酒):約1,200円

食事代: 約6,000円(朝1回、昼2回、夜1回分)

現地遊興費(遊び場・温泉等):約2,000円

宿泊代:0円 (車中泊)

旅行費用合計: 13,200円

大人一人の旅行費用: 6,600円

群馬旅行1泊2日(こんにゃくパーク・ぐんまこどもの国・温泉)

群馬も温泉&自然たっぷりで好きな場所ですね。

こんにゃくパークで無料で工場見学&軽食をして、ぐんまこどもの国で子供を遊ばせて、温泉に浸かってのんびり~。

道中の道の駅でアイスクリームを食べ比べしたりしましたね。

【旅行費用】

ガソリン代:約4,500円

高速代:約2,000円(途中下道を利用したりして最低限に節約)

車内の飲食代+夜に飲むお酒(発泡酒):約1,300円

食事代: 約5,500円(朝1回、昼1回、夜1回分)

現地遊興費(遊び場・温泉等):約1,300円

宿泊代:0円 (車中泊)

旅行費用合計: 14,600円

大人一人の旅行費用: 7,300円

群馬草津旅行1泊2日(温泉・ペンション・鬼押出し園

同じく群馬県でもかなり奥地の草津温泉!

まめ太が大好きな温泉地なんです。

だって・・・。温泉が無料で入れちゃうんですよ(笑)

ちょっと遠いのが難点ですけどね。また、宿泊したペンションらんぶるさんは料理は美味しくてしかも物凄いボリュームなんです。温泉付きなのに宿泊費も9000円以下で大満足でした。

宿に泊まるとやはりかなりの金額になりますね~。子供がまだ小さいので宿泊費がかからないのが助かるけど、これからは大変だ!

【旅行費用】

ガソリン代:約5,000円

高速代:約4,000円(途中下道を利用したりして節約)

車内の飲食代+夜に飲むお酒(発泡酒):約1,200円

食事代: 約3,000円(昼1回+アイスクリーム)

※ペンションのご飯が沢山だったのであまり外食しませんでした

現地遊興費(遊び場・温泉等):約1,300円

宿泊代:17,000円 (車中泊)

旅行費用合計: 31,500円

大人一人の旅行費用: 15,750円

節約旅行はやぱり車中泊だと安い!

いかがでしょうか。大人一人当たりの旅行費が食事と交通費も入れて6000~7000円程度なのは安いと思います。こうやって1回の旅行費用を見ると、車中泊を行うと旅行費用がかなり抑えられることが判りますね。

最近では車中泊が大変人気で、道の駅でキャンピングカーなどが多く止まっているを目にしますが、マナーはしっかり守って車中泊を利用したいです。

他は特別な事は行っていないので、どなたでも実践できるかと思います。車で旅行の場合で高速代を浮かすのは運転手の負担が大きいので休憩もしっかりとるようにしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ