節約生活の方必見!激安賃貸物件の選び方




はーい、こんにちは!まめ太です。

節約する上で重要な固定費の削減ですが、家賃は大きなウエイトを占めています。

毎月1万円節約するのはかなり大変です。家賃を節約できれば苦労せずにお金を浮かせることができますね!

ただ、安さばかり重点に置いてしまうと生活に支障が出てきてしまうので、バランスが大事です。



激安で良い物件の条件

それでは関東で東京に近い場所で家賃が安くなる物件が見つかりやすい条件を書いてみました。まめ太的には一人暮らしで節約生活するなら、関東でも家賃は4万円台にするべきと思います。

【関東で一人暮らしの場合、節約生活する希望家賃】

  • 手取り月額が20万円の人なら最大で4万円
  • 手取り月額が25万円の人なら最大で6万円
  • 手取り月額が30万円の人なら最大で7万円

駅から離れているバス通りを狙う

賃貸物件は徒歩15分までは家賃が高いです。狙うのは徒歩15分から25分くらいがいいですね!

当たり前ですが、駅から離れている方が家賃が安いです。ここで大事なのはバス通りである事です。職場の交通費請求条件を事前に確認しておいてください。私の会社は駅から1キロ以上離れているとバス通勤の請求が可能です。駅まで1キロ離れている場合、大人の歩く速度で12分30秒ほどかかるそうです。12分なら歩くのもそこまで苦ではないのではないでしょうか。何が言いたいかはもうお分かりですよね。バスの定期代は月9000円ほどです。

駅まで平坦な道である事

高低差があると距離が短くても歩くのでも自転車でも大変です。賃貸情報で徒歩何分と書かれているのはあくまで距離での試算なので高低差は考慮されていません。ここは事前に調べておくべきでしょう。現地に行く前にGoogleマップのストリートビューである程度見る事が可能です。

平坦であれば徒歩25分の物件でも、自転車を使えば10分です。自転車だと変質者などから避ける事にもつながるので、歩くより安全だと思います。

築20年以上のアパートがお勧め

まめ太はマンションよりアパートがお勧めです。部屋が広くても比較的家賃がおさえる事ができるからです。

でも1981年以降の建物にしましょう!建築基準法制定が1981年から強化されたためです。1981年以降は大震災にも耐えられる建物になっているので、手抜き工事をしていない限り安心です。

また節約生活するなら、ある程度妥協が必要です。家賃を抑えるうえで妥協する部分は下記だと思っています。

  1. 駅からの距離
  2. 周辺の騒音
  3. 日当たりと間取り

駅から離れると家賃が安くなるのは周知の事実。それに伴い周りは静かな住宅地になると思います。なので夜は車などの騒音は減るかと思いますが、アパートだと周りの住人の生活音がよく聞こえてしまいます。ケンカしてる声、子供の声、足音、掃除機の音。木造だと聞こえやすいんですよね・・・。

音はひどくない限り、ある程度は慣れます。それに普段仕事しているなら夜が静かであれば日中に子供が賑やかでもそれほど問題ないですよね。ここは割り切りましょう!

1階が狙い目

マンション、アパート両方とも1階の方が安いです。防犯面やプライバシーなどから2階以上に住みたいところですが、逆の発想だと1階だと自分が騒音で注意される可能性も低くなりますよ。

元嫁が今住んでいる賃貸は1Kで6畳、風呂トイレ別の築20年位のマンションです。一人で住むには十分ですよね。新宿まで25分位の駅で、駅から徒歩5分なのに家賃は4万円です。家賃がここまで安いのは人通りが多い道路が目の前にある為、窓を開けるとすぐ歩道だからです。

でも仕事が夜遅い女性などは駅まで近いほうが安心ですよね!

駅から近すぎても安い物件はあるんです。

築年数が経っていても定期的に管理されている事

築20年以上のアパートで、外装が錆だらけだったり、くすんでいたり、壁やトタンなどが壊れたままだったりするような賃貸物件は管理がされていないです。そんな賃貸はやめたほうがいいです。築年数が経っていても管理されている物件は住み心地もいいです。それに問題があっても放置されている物件に住んでいる人達は、掃除とかもしなくても大丈夫な人達が多いです。そういう方々と同じ建物に住めるかを考えてみてください。

建物の集合ポストや駐車場、駐輪場を確認しよう

賃貸物件の集合ポストをチェックしてください。空きが多い物件は何かしら人気が無い理由があります。家賃が安くてもちゃんと管理されているところは人気もあり、住人がなかなか出ていかないものです。古くても住みやすければちゃんと住む人がいるんです。空き部屋が多い物件は避けましょうね。

また、駐車場、駐輪場をチェックしておきましょう。住人の乗っている車や自転車、バイクなどで生活がある程度判るからです。ちょっと避けたい人とかも車とか見れば判りますよね(笑)

県営住宅(UR賃貸)も検討する

県営住宅などは条件によっては家賃が安くなる場合があります。私の場合は収入がそれなりにあるので入居条件に当てはまらなかったので検討しませんでした。UR賃貸だと今度は家賃が高かったですね。神奈川県の県営住宅は入居条件が非常に判りづらいので電話などで問い合わせしたほうがいいと思います。ただ、節約する上での考え方として、面倒なところに節約につながる事があったりします。県営住宅の条件が判りづらいという事は普通の人は選びにくいので、検討する価値はあると思います。

まとめ

安くて良い賃貸物件を探すなら、下記の条件になってくるかなと思います。

  • 坂道が少ない駅から遠くを選ぶ
  • 駅から離れるならバス通りを選ぶ
  • できればアパートにしよう!
  • 建物の1階を選ぼう!
  • 1981年以降で築年数が経っているマンション、アパートを選ぶ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ